マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

冷蔵庫、炊飯器…、「キッチン家電」の寿命サインを見逃すな

2019年11月3日 11:00 女性セブン

キッチン家電の寿命の目安は
キッチン家電の寿命の目安は

 突然壊れて慌てることが多いキッチン家電。毎日のように使うものだけに、買い替えに失敗しないように、気をつけることとは?

 日頃料理をしない人でも、冷蔵庫で飲み物を冷やしたり、お総菜を電子レンジで温めるなど、キッチン家電は生活必需品だ。それだけに、壊れたら急いで買い替えようと、店頭ですぐ手に入るものを選びがちだ。すると、「急いで買った結果、大きさや機能、使い勝手などに不満を抱いている人も多い」と話すのは、家電+ライフスタイルプロデューサーの神原サリーさんだ。

 内閣府による「消費動向調査」(2017年3月)によると、2人以上の世帯の、冷蔵庫平均使用年数は13.3年。この中で、故障で買い替えたケースは、65.7%にも及ぶ。

「家電は、いつかは壊れるもの。使用状況によって誤差はありますが、冷蔵庫や電子レンジは10年というように、だいたいの寿命は決まっています。修理に必要な部品のメーカー保有期間を考えると、寿命の約1年前から、商品情報をチェックし、セールのタイミングなどを見計らえば、失敗なく、お得に買い替えができるでしょう」(神原さん・以下同)

 年数以外にも、故障、寿命のサインは表れるので、注意して見ておこう。

 たとえば冷蔵庫の場合は、「冷え」具合で判断する。

「冷蔵庫は冷凍室から壊れ始めることが多いので、氷がくっついていたり、アイスクリームがやわらかい、などが衰え始めたサイン。このほか、庫内の冷えが悪く、騒音がするのも故障の予兆です。特に音は、冷やすためのコンプレッサーが劣化して、過剰な負担がかかり始めると大きくなるので、音が気になるようになったら、買い替えサインと思ってください」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。