マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

早期発行は否定も… 「デジタル人民元」はいつ発行されるのか

2019年11月8日 7:00

新たな仮想通貨「デジタル人民元」を発行する狙いは(中国人民銀行)

 フェイスブックが主導する新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ」が注目を集めるなか、2019年8月初旬には、中国人民銀行による新たな仮想通貨「デジタル人民元」発行の話題が世界を騒がせた。中国が研究を続けてきたというデジタル人民元とは、どのようなものなのか。

 2019年8月10日、中国の中央銀行である中国人民銀行の幹部は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、いわゆるデジタル人民元の発行準備が整ったと発言。その研究はすでに5年に及ぶことも明かした。中国情勢に詳しいITジャーナリストが解説する。

「中国は2017年前半まで、世界最大級の仮想通貨取引国だった。しかし、仮想通貨取引の過熱を懸念した中国政府は、同年9月に国内の仮想通貨取引所の閉鎖に踏み切り、仮想通貨取引を一気に沈静化させた経緯がある。その裏で中国政府は、2014年からデジタル人民元の研究を着々と進めていたという。この時期にデジタル人民元の発行に言及した背景には、2019年6月に概要が発表されたリブラが国際決済の場で使われることへの中国の懸念があったのは間違いない」

 中国人民銀行が発行するデジタル人民元は、法定通貨の人民元に1対1で連動。中国人民銀行が商業銀行など金融機関にデジタル人民元を発行し、金融機関が一般消費者に対して法定通貨と交換する形でデジタル人民元を提供する「2層運営」システムを採用するといわれる。

「中国人民銀行幹部の『発行準備が整った』という発言を受けて、デジタル人民元の発行時期について一時は、早ければ建国70周年の国慶節となる『10月1日』、あるいは『11月11日』との観測がまことしやかに流れた。11月11日というのは、中国の消費者にとって一大イベントとなる『独身の日』である。アリババなどのECサイトを通じて、独身の日には1日で日本最大のECサイト楽天の年間売上高を超える金額が動くといわれている。こうした契機に発行をスタートし、デジタル人民元の利用を一気に促進したいはずだ、との中国人民銀行の意図を推し測った観測だった」(前出・ITジャーナリスト)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。