マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

今年の日本株 GG賞、カムバック賞、失策王を選ぶならどの銘柄?

2019年12月13日 16:00

日経平均株価は12月に年初来高値を更新(AFP/時事)
日経平均株価は12月に年初来高値を更新(AFP/時事)

 年初に2万円割れでスタートしながら12月には年初来高値となる2万3000円台まで上昇した日経平均株価。好調な日本株市場を牽引した銘柄を、プロ野球のタイトル風に勝手に表彰しよう。ここではゴールデングラブ(GG)賞、カムバック賞、失策王、夏男を選出する。

●ゴールデングラブ賞

 相場が軟調な局面でも安定して上昇した銘柄を“堅実な守備”として「ゴールデングラブ賞」に選出した。株式評論家の植木靖男氏が挙げたのは、ユニクロを展開するファーストリテイリング(東証1部・9983)。

「日経平均への寄与度が高い“日経ヘイキンズ”の主力選手で、1年を通じてバツグンの安定感を誇りました。利益を着実に積み上げ、失点をしない経営力はゴールデングラブ賞にふさわしい」

●カムバック賞

 長く東証1部に在籍するも低調な成績が続いていた銘柄には、今季復活を遂げ「カムバック賞」に値するものもある。昨年、球界では松坂大輔が受賞したが〝兜町リーグ〟ではどうか。

 日経CNBCコメンテーターでケイアセット代表の平野憲一氏はソニー(東証1部・6758)を挙げる。

「2000年のITバブル期に3万円を超える株価をつけたソニーは長らく低迷していましたが、今年3月の4500円台から12月には7000円台へと上昇。全盛期の活躍には及びませんが、PC事業の売却やテレビ事業の分社化など、プレースタイルを変えた新しい姿で結果を残した」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。