マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

最晩年の介護は「在宅」か「施設」か それぞれの長所と短所

2020年1月20日 15:00 週刊ポスト

在宅介護と施設介護、それぞれのメリット・デメリットは(イメージ)
在宅介護と施設介護、それぞれのメリット・デメリットは(イメージ)

 介護を受けるなら「在宅」か「施設」か?──本誌・週刊ポストの読者アンケートでは、【在宅】39.8%、【施設】58.6%という結果になった(*「2020年日本の重要問題について意見をお伺いします」から集計。998人が回答。100%に満たない部分は無回答)。

 在宅介護、施設介護、双方にメリット・デメリットがある。ここでは見解の異なる2人の識者の意見を紹介しよう。

●高瀬義昌氏(たかせクリニック理事長・在宅派)

 最期まで「自分らしく生きよう」とするのであれば、病院・施設は在宅介護にかなわない。病院・施設は安全が確保される一方、食事の時間や起床・就寝時間、外出の自由に制限が生じることも否めない。

 医療計画や方針も病院・施設側に従うことになり、患者の意志が反映されない場合もありうる。個々の病状に対応できる医師がいるとも限らず、かかりつけ医に頼りたくても「主治医権」の問題で難しい。「自分に合わない」「過剰ではないか?」と思う医療でも、ある程度受け入れざるを得ないのが現実だ。

 在宅であれば、自分に本当に必要な医療、介護サービスが選択できるので、お金の使い道にも幅が広がる。

 最晩年に本人の意志が尊重され、かけがえのない家族と共に過ごせるのが、在宅介護の最大のメリットだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。