マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

最晩年の介護は「在宅」か「施設」か それぞれの長所と短所

2020年1月20日 15:00

●武藤正樹氏(国際医療福祉大学大学院教授・施設派)

 国は在宅医療・介護へのシフトを急進しているが、在宅介護で“幸せな最期”を迎えられるというのは幻想だ。インフラ整備は未だ道半ばで、看多機(*注)は全国約400か所、24時間定期巡回・随時対応サービスは900か所程度だ。必要なサービスが受けられず、介護をする家族が疲弊するケースが目立つ。

【*注/看護小規模多機能型居宅介護=24時間、365日、看護師が常勤し、看護と介護サービスを行なう事業】

 費用を抑えられても、家族の負担は増え、見守りも手薄になる。

 厚労省推計によれば2025年の認知症患者は700万人超。自宅でのケアや見守りが行き届かず、患者が徘徊するようになれば、死亡事故や失踪による「異常死」が激増する。2030年には、自宅でも病院でもない「路上」や「山・川」で最期を迎える高齢者が、47万人に上るとの推計もある。

 現実とリスクを直視しなければならない。

※週刊ポスト2020年1月17・24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。