マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

確定申告で見逃しがちな“雑損控除” 自然災害、シロアリ駆除も対象

2020年2月7日 7:00

災害発生から1年以内の修繕が原則(写真:時事通信フォト)
災害発生から1年以内の修繕が原則(写真:時事通信フォト)

 2月17日から確定申告の受付が始まるが、見逃しがちなのが、自然災害や盗難などで被害を受けた場合に申告する「雑損控除」だ。

「本来は、かなり対象者の広い控除です」と語るのは元国税調査官で税務コンサルタントの大村大次郎氏だ。

「雑損控除は『自然災害で全壊した建物を撤去した時の費用』といったイメージがありますが、実際は原状回復のための修繕費が5万円以上かかれば受けられます」(大村氏)

 自然災害で「自宅の塀が壊れた」「ガレージが水浸しになった」「水道が壊れた」といったケースも対象になるという。

「雪下ろしやシロアリ駆除、スズメバチ駆除も対象になります。台風や雪かきに備えて購入した土嚢やスコップの費用も申告できます」(大村氏)

 控除額は、「差引損失額(保険金などによる補填を引いた実損)-所得金額の合計額×10%」か「差引損失額のうち、(後片付けや原状回復などの)被害関連支出額-5万円」の多いほうだ。

 年収800万円の会社員Aさん(56)が火災で約100万円の実損を負ったケースでは、雑損控除を申告することで約6万円が戻ってきた。

 近年は自然災害が多いため、被害を受けた場合は忘れず申告したい。

※週刊ポスト2020年2月14日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。