マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年後の銀行口座 メガバンクから信金・信組の年金口座に変える利点

2020年2月10日 16:00

定年後は銀行口座の見直しで毎月1295円得するケースも
定年後は銀行口座の見直しで毎月1295円得するケースも

 定年を迎えるなど、人生において生活スタイルが大きく変わるタイミングでは、「銀行口座の変更」に検討の余地がある。

 現役時代に給与振込口座として使っていたメガバンクを解約し、自宅近くの信金・信組などを「年金受取口座」に指定するという選択肢だ。ファイナンシャルプランナー(FP)の森田悦子氏が解説する。

「転勤や出張などを考えると、現役時代は全国一律サービスが充実したメガバンクのほうが利点は大きいかもしれません。しかし、リタイア後もそれが必要かどうか。地元の信金・信組を年金受取口座にすることで、ATM手数料無料や定期預金の金利優遇が受けられるほか、誕生日プレゼントや景品がもらえる金融機関もあります」

 商品によるが、金利優遇に格段の違いが生じるケースがある。

「公的年金の受け取り口座に定期預金を指定すれば、特に有利になることがあります。メガバンクの定期金利が0.01%のところ、信金・信組のなかには金利が0.1~0.4%というところもある。500万円を預け入れた場合、メガバンクの利息は年に約400円ですが、利率0.4%の信金・信組なら約1万6000円です」(森田氏)

※週刊ポスト2020年2月14日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。