マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職金リフォームで右側に手すりを設置した70代男性の後悔

2020年3月5日 15:00

リフォームで手すりを設置すべきタイミングは?(イメージ)
リフォームで手すりを設置すべきタイミングは?(イメージ)

 段差が多く、階段に「手すり」がない我が家を「退職金でバリアフリーに」と考える人は少なくないが、“早過ぎるリフォーム”には落とし穴もある。東海地方在住の男性は、父親(76)が直面したケースを語る。

「父が定年退職した16年前に、20万円かけて階段や脱衣所に手すりをつけるリフォームを施しました。父は『これで足腰にガタがきても安心だ』なんて話していたのですが、2年前に脳梗塞で倒れてしまった。結果、右半身に麻痺が残ったんです。右手が自由に動かせないのに、よく使う場所の右側にばかり手すりをつけていたので、父は手すりをつかめないことも……」

 介護・暮らしジャーナリストの太田差惠子氏が指摘する。

「体の不調が起きる前に、あらゆる可能性を想定して全方位的にリフォームするのは費用がかさみます。一方、要支援1以上の認定を受けていれば、要介護度にかかわらず工事費が最大20万円まで原則1割負担で済む。20万円を超えた費用は自己負担となりますが、必要な工事だけに絞ってリフォームできますし、費用は大幅に抑えられる」

 高齢の家族が住む家を、配管工事なども含めて“全面リフォーム”する場合はリスクもある。太田氏が続ける。

「家の老朽化に伴って、内装や配管なども含めた大がかりなリノベーションを行なうと、高齢の認知症患者は自分の家だと認識できなくなってしまい、さらに症状が進行してしまう可能性がある」

 これらの事態を防ぐために大切なのは「業者選び」だという。

「まず『介護リフォームの実績があるかどうか』を確認すべきです。脳梗塞による半身麻痺のリスクや、車椅子の幅の確保といったノウハウは、介護に精通した業者なら事前に指摘してくれるはずです」(太田氏)

 焦る必要はない。どんな介護を必要とするのかを見極めてから、実績のある業者に依頼することが肝要だ。

※週刊ポスト2020年3月13日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。