マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

自動車やリフォームのローン利用 70歳超で審査通らない悲劇

2019年9月17日 16:00

シニアになると様々な年齢制限の「壁」が現われる
シニアになると様々な年齢制限の「壁」が現われる

 飲酒や車の免許取得など、若い頃はできることが増えていく“嬉しい関門”だった「年齢制限」。それが逆に歳を重ねたことが理由で「できなくなること」が出てきてしまう。

 例えば、自動車やリフォームなどでローンを利用する際にも「年齢制限の壁」が立ちはだかる。千葉県在住の70代男性が、語る。

「5年ほど前、自動車の買い替えをディーラーに勧められ、ローンを組もうとした際のことです。私は自営業で今も現役なのに、年齢を理由にローンを断わられた。すると車に詳しい友人が『妻が年下なら彼女名義にしてみたらどうか』と言うのでその通りにしたらローンが組めたのです。妻は4歳下ですが、専業主婦でわずかな年金収入しかない。生活に車は欠かせないので、妻の名義で自動車ローンを組みましたが、釈然としない思いが残りました」

 ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏が話す。

「銀行のマイカーローンは、申込時の条件として65歳以下となっているものが多い。65歳を過ぎると年金収入がメインの人が増えるため、返済が滞るリスクを懸念してのことと考えられます。また、最近は65歳を過ぎても住宅ローンが残っている人が多いので、そちらの返済まで滞ることを心配しているのでしょう」

 神奈川県に住む70代男性は、自宅の屋根や外壁の補修をする際、こんな経験をしたという。

「今年7月、寿命がきた屋根のスレート材を葺き替え、外壁も塗り直すことにしました。費用の100数十万円はローンを組んだのですが、70歳を超えた自分では審査が通らなかった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。