マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

住宅ローン 借り換えをせずに金利を下げる裏ワザとは

2016年7月19日 16:00 女性セブン

老後破産を回避するためにやるべきことは?
住宅ローン金利を下げる裏ワザとは?

 7月1日に長期固定金利住宅ローンの『フラット35』がついに1%を割る0.85%(15~20年借り入れで0.85%、21~35年借り入れで0.93%。銀行によって金利に差があり、取り扱いのないところもある)という史上最低値を更新。借り手市場の今こそ、借り換えでローンの支払額を下げるチャンスというわけだが、貯金が無かったり、転職したばかりで融資が受けられなかったりなどの理由で、借り換えができないケースもある。

 しかし、実は、借り換えをせずに、金利を下げる方法もある。それは、現在の借入先への金利交渉だ。ファイナンシャルプランナーの中嶋よしふみさんが解説する。

「現在の借入先に、今借りている金利を低くしてくれないか、と頼む方法です。銀行にとっては、他行に借り換えされてお客様を逃がすより、金利を下げてもとどまってくれた方が利益になるので、一度聞いてみる価値はあります」

 金利交渉が通れば、借り換えの手数料や手間をかけずに金利が下がるのでオイシイ。だが、金利交渉はあくまでも銀行の“裏メニュー”。公のサービスではないので、必ず対応してくれるわけではない。「マイナス金利なんだから下げて」と、上から目線で言うのはNGだ。

「借り換えを検討しているのですが、と相談に行く形で訪れ、金利交渉が可能かどうか聞いてみましょう」(中嶋さん)

“少しだけボーナス払いを併用する”などの条件変更は、なにも、借り換え手続きをしなければできないことではない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。