マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

年代別「住宅ローン」見直し術 借り換え、金利交渉で返済額600万円減も

2019年6月25日 15:00 女性セブン

借り換えた方が断然お得なケースも
借り換えた方が断然お得なケースも

 長生きできることは、幸せなことだ。しかし、リタイア後に「お金が底をつく」と、待っているのは厳しく辛い生活である。そんな未来を防ぐために、自分の「資産寿命」をチェックして、年代別に対策を講じるようにしたい。

 たとえば持ち家の人なら、家計を圧迫する住宅ローンの見直しをすれば、支出を大きく削減できる。特に長期間見直しをしていないならチャンスだ。

 近年、低金利で身の丈に合わない物件を購入した人たちが、金利の上昇によってローンを返済できなくなるケースが多発している。くわえて働き方改革による罪業規制で、収入が大幅に減るケースも少なくない。そのようにローン難民が急増していることを踏まえると、30代は共働きでも、夫の給料だけで払える返済計画を立てるべきだろう。

 住宅ローンを組む際、「変動金利」と「固定金利」のどちらを選ぶかで悩む人は多い。近年は低金利が続いているだけに、そのメリットを享受したくなる。ファイナンシャルプランナーの日野秀規さんが話す。

「変動金利はおすすめしません。なぜなら、この低金利で、固定金利もかなり低くなっており、変動金利がひとたび変われば、10年固定金利や全期間固定金利と変わらない水準になるばかりか、上回ることもあるからです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。