マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

田舎へ移住 最大250万円や370万円&牛一頭給付地域も

2016年6月18日 16:00

移住すると牛がもらえる地域も
移住すると牛がもらえる地域も

 全国の自治体には、補助金を出して移住を支援し、定住促進&地域活性化につなげているところが多くある。なかでも和歌山県では、世帯主または配偶者が40才未満の世帯全員(16才未満の子供と同居)で移住し、10年以上定住する意思がある場合、一定の条件を満たせば「若年移住者暮らし奨励金」として、250万円が支給される。

 さらに移住者が60才未満で起業する場合も、最大100万円が補助される。まずは「わかやま定住サポートセンター」に問い合わせを。(届出先:和歌山県内の事業実施地域の市町村)

 助成が受けられるのは、何も地方部だけではない。東京都千代田区の「次世代育成住宅助成」では、賃貸でもローンでも、区内に住む親世帯の近くに住み替えると、最長8年間にわたる助成が受けられる。新婚世帯および子育て世帯(子の年齢は18才まで)が対象で、4人家族の場合、初年度6万円/月から1年ごとに減額され、8年目は1.8万円/月となり、8年間で374.4万円にもなる。今年度までの制度なので、早めの検討が必要だ。(届出先:東京都千代田区役所)

 さらに、東京都新宿区では、「子育てファミリー世帯居住支援」として、区外から転入する子育て世帯が、所得などの要件を満たせば、契約時の礼金+仲介手数料で最大36万円、引っ越し代実費で最大20万円が助成される。
(届出先:東京都新宿区)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。