マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

休日の連絡を拒否する部下 “つながらない権利”認めるべきか

2020年4月12日 11:00

休日に部下が上司からの連絡を拒否するのは正当か?(イメージ)
休日に部下が上司からの連絡を拒否するのは正当か?(イメージ)

 携帯電話、メール、SNSなど、連絡方法が多様化する中、難しいのが仕事とプライベートのけじめ。休日に上司から業務連絡を受け取ってガックリした経験がある人も多いだろう。近年では、休日などに連絡が取れない“つながらない権利”を認めよという動きもあるが、上司はこれを認めるべきなのか? 弁護士の竹下正己氏が回答する。

【相談】
 管理職です。若手社員の仕事の取り組み方に納得ができません。許せないのは【つながらない権利】を主張すること。休日や有給休暇の際、会社からの連絡に応じないというやつで、取引先にアクシデントが発生した場合、その権利を堂々と主張されても困るだけ。それでも会社は受け入れるべきでしょうか。

【回答】
 休日や休暇中の部下に連絡を取るのは相談したり、業務の準備をさせたり、業務を行なうよう指示するためです。いずれも時間外労働を要求することになります。連絡を取って業務をさせれば、時間外労働になります。時間外労働に関する労使間の三六協定に反しない限り、時間外手当等を払い、終業後や休日の業務命令もできますが、有給休暇中はできません。

 こうした連絡を受けることを義務付けて拒否を認めないとすれば、待機を命じることになります。休日でも業務命令に即応するような態勢で会社の連絡を待っているのであれば、労働者は会社の指揮命令下にあると解される可能性があります。その場合、休日という不活動時間でありながら労働時間性が認められ、時間外労働として時間外手当が必要になります。もちろん、その場合でも三六協定が必要で、その制限を受けます。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。