マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

知っておきたい「賢い会社の辞め方」、もらえる給付がこんなに違う

2020年4月24日 7:00

定年後の再雇用でもらえる給付はどうなる?(イラスト/福島モンタ)
定年後の再雇用でもらえる給付はどうなる?(イラスト/福島モンタ)

 老後の生活設計を考える上で、多くの人が60歳以降も働くことを検討しているだろう。サラリーマンが60歳以降に雇用延長や再就職で働くと、国の雇用保険からもらえる給付金がある。『週刊ポストGOLD あなたの年金』より、そのポイントと「賢い会社の辞め方」を紹介しよう。

 まず基本は「失業給付」。雇用保険に20年以上加入していた場合、定年退職後の失業期間(就活期間)は最大150日まで失業給付を受給することができる。

 次に、働き出してからもらえるのが「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」だ。いずれの制度も60歳以降の月給が定年前(60歳到達時)の75%未満に下がった場合、新給料の最大15%(2025年度から10%に引き下げ予定)が支給される。

 どちらの給付金がもらえるかは、定年後に「失業給付」を受給したかどうかで決まる。

◆高年齢雇用継続基本給付金……60歳定年後も同じ会社で雇用延長するか、退職して別の会社に転職しても、その間、失業給付を受給しなかったケースが対象。支給期間は65歳になるまでの最長5年、雇用延長期間はずっと新給料の最大15%が補填されることになる。

◆高年齢再就職給付金……定年後にいったん退職し、失業給付を受給した後に再就職したケースはこの給付金になる。新給料の最大15%という支給額は同じだが、最長2年間(65歳未満まで)までしか支給されない。給付期間は失業保険の支給残日数が100日以上残っていれば1年間、200日以上なら2年だ。

 そのため、「60歳以降は転職して新天地で力を試したい」と考えている人は、もらえる給付金の金額と失業給付の金額を比較して、失業給付をもらうかどうかを判断したほうがいい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。