マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

外出制限の今こそ「お金の生涯計画」を練り直す好機だ

2020年4月21日 7:00

お金をめぐる常識が大きく変わろうとしている
お金をめぐる常識が大きく変わろうとしている

 新型コロナウイルスへの緊急経済対策では「現金給付」こそ一律10万円で行なわれる方針ではあるものの、「休業補償」「児童手当増額」など、給付対象は現役世帯が中心。定年後世代向けのセーフティネットが充実しているとはいえない。

「年金生活者は収入が減らないから大丈夫」という理屈かもしれないが、生活を脅かされているのは同じだ。重症化リスクが高い上に感染拡大で持病があっても病院への通院は制限され、介護施設の休業もある。

 ただ、そうした危機的な状況のなかでこそ、やっておきたいことがある。それが、「お金の生涯計画の見直し」だ。

 年金や相続では、新たなルール、制度が次々とスタートしている。年金だと在職老齢年金制度の見直しや厚生年金の加入条件拡大、相続では配偶者居住権のほか、遺言書の財産目録のパソコン作成も認められるようになった。

制度の問題だけではない。コロナ拡大の影響で医療や介護を取り巻く状況も大きく変化、市況の悪化で不動産や投資に関してもいままでの常識が一変しようとしている。

 劇的な環境の変化に、対応しなくてはならない。年金制度が変われば、働き方を変えたほうがいいし、相続のルールが変わるなら、家族が争わずに済む遺産分割を改めて考えたい。感染症のリスクを避けるための在宅介護への備えもあったほうがいいだろう。

 そうしたことを考えれば、外出が制限され、家族と一緒に過ごす時間が増えているいまこそ「資産計画を見直すためにできた時間」と捉えられるのではないか。年金、医療、介護、相続など、今こそお金について家族で話し合ってみてはいかがだろうか。

※週刊ポスト2020年5月1日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。