マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナに備える医療保険は必要? 自己負担額は最大2万円程度

2020年5月11日 15:00

コロナに感染したら2週間でどれだけ払う?
コロナに感染したら2週間でどれだけ払う?

 新型コロナウイルスには誰が、いつ感染するかわからない。もしもの時のために「医療保険」に加入しておこうと考える人は多い。しかし、病気やけがで手術や入院をしたときにカバーしてくれる「医療保険」は、保険のプロいわく、「基本的には加入すべき人はいない」のだという。生命保険会社勤務の経験を持つファイナンシャルプランナーの横川由理さんはこう語る。

「入院給付金が1日5000円もらえる一般的な医療保険の保険料は月々約3500円ほど。2週間入院すると7万円、1か月なら15万円になります。“月々3500円で15万円ももらえるならお得”と思うかもしれませんが、長い目で見ればむしろ大損。保険料を30年間払い続けたら126万円にもなるうえ、最大60日まで給付される契約なら、どんなに長く入院しても30万円しかもらえないことになります。100万円近くも損をする」

 では、不幸にも新型コロナに感染した場合はどうか。

「感染して入院した場合はもちろん、軽症で自宅待機やホテルに隔離となった場合でも、医師の診断書があれば、医療保険の給付金は受け取れます。でも、その金額はほかの病気やけがと同じ1日5000円で、2週間入院なら7万円だけ。

 そもそも新型コロナは『指定感染症』になっているので全額公費負担。自己負担はゼロです。いまのところ無症状の場合の検査は全額自己負担とされていますが、それでも指定感染症の自己負担額は最大2万円程度ですし、わざわざ高い保険料を払っても、病院や臨時施設で医師の治療を受けなければ1円もおりません」(横川さん、以下同)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。