マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナに備える医療保険は必要? 自己負担額は最大2万円程度

2020年5月11日 15:00 女性セブン

健康保険から「疾病手当金」も

 新型コロナに限らず、医療費は公的な社会保障で手厚くカバーされるので、自己負担は少なく済むようになっている。

「会社員が加入する健康保険(公務員は共済組合)は、病気やけがで仕事を休むと1か月の給与の3分の2にあたる『傷病手当金』が出ます。平均給与(平均賃金日額)の67%が最長で1年6か月間支給され、これには所得税も住民税もかからない。3日続けて休むと4日目から支払われるので、出欠勤を繰り返すのではなく、たとえ社長から呼び出されたとしても、3日続けて休むのがポイントです」

 1か月の医療費を一定額で抑える「高額療養費制度」も強い味方だ。

「高額療養費制度を利用すれば、たとえ医療費が月100万円かかったとしても、一般的な年収(約370万~770万円)なら自己負担が9万円くらいで済みます。年収によって自己負担額は変わってきますが、医療保険に加入しなくても貯蓄で充分カバーできるはずです」(ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さん)

※女性セブン2020年5月21・28日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。