マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「手術しない選択」を考える 投薬治療との費用差と再発リスク

2020年6月17日 15:00

手術と投薬でお金が大きく変わる(虫垂炎を手術と投薬でシミュレーション)
手術と投薬でお金が大きく変わる(虫垂炎を手術と投薬でシミュレーション)

 病気の治療費を考える上で、「手術をしない」という選択肢について理解を深めておいたほうがいい。江戸川橋胃腸肛門クリニックの森康治院長の解説。

「基本的には病気の種類や症状に応じて医師が治療法を判断し、患者と相談します。ただし最近は治療薬の進歩によって、手術の代わりに投薬治療を選択するケースが増えています」

 手術を回避して、投薬治療を望める代表的な疾患が、虫垂炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍だ。

「臓器に穴が空く『穿孔(せんこう)』が生じたら緊急手術をする可能性が高いですが、それ以外は最初に投薬治療をするケースが一般的です。虫垂炎の場合は抗生剤を使用して、胃潰瘍・十二指腸潰瘍にはピロリ菌を除去する薬を使用するケースが多い」(前出・森氏)

 手術と投薬では治療費はどう変わるのか。虫垂炎の場合は、以下となる。

 手術して5日間入院した場合、メインの費用である手術料13万7600円に麻酔費や薬剤料約3万円が加算される。さらに入院費や食事代などを加えた総額は約34万5000円(3割負担で約10万3500円)だ。

 一方、手術ではなく投薬治療を選択した場合は、7日間入院しても薬代や検査代、食事代などを合計した総額は約23万5000円(同約7万500円)で済む。3割負担で比較すると3万円ほどの差となる(別掲図参照)。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。