マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「がん」なのに「がん保険」が支払われないのはなぜか?

2020年6月27日 15:00

がんの「タイプ」によっては保険が給付されない
がんの「タイプ」によっては保険が給付されない

 がんは日本人の死亡原因のトップ。特に健康保険が適用されない高額な先進医療をカバーするため、がん保険への関心は高い。しかし、意外な落とし穴もあるという。

 人間ドックで腫瘍が見つかったAさん(60代男性)は、大腸ポリープの内視鏡治療を受けた。2日間の入院で、費用は約15万円。公的保険が適用されたため、支払った3割負担分の約4万5000円をカバーしようと保険を請求したところ、「『上皮内がん』のため、適用外」と言われ、驚いたという。

「これまで30年間、毎月2000円ずつ計70万円以上も支払ってきたのに……」(Aさん)

 ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏の解説。

「がんには『上皮内新生物』と『悪性新生物』があり、前者の場合は保険が払われないケースも多いのです」

 がんは腫瘍(ポリープ)の一種だが、発生した場所によって名称が異なる。がん細胞が臓器の表面を覆っている上皮内にとどまっていれば、その腫瘍は体の内部に浸潤せず、血管やリンパを通って転移することもない。この上皮内がんが死亡につながることはほとんどないため、保険が適用されない場合がある。

 一方、がん細胞が上皮の奥へ浸潤し、他の場所にも転移する悪性新生物の場合は「診断給付金」や治療にかかった分が保険金で支払われる。

「今では給付対象に上皮内がんを含む保険もありますが、がん保険がすべての治療や薬に対応しきれるとも言えないのです」(前出・丸山氏)

※週刊ポスト2020年7月3日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。