マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

保険会社にとって加入され続けては困る「お宝保険」とは?

2020年5月23日 11:00

解約しなくていいお宝保険
解約しなくていいお宝保険

 新型コロナウイルスの感染拡大もあって、生命保険の申込件数が急増している。日本最大級の保険選びサイト「保険市場」では、3月の申込件数は前年同月比で82%増となった。一方で、保険は「マイホームに次いで人生で2番目に高い買い物」とも言われるように、本当にその保険が必要かどうかは今こそ吟味したいもの。

 そうした中で、「解約してはいけない保険」とはなんだろうか。超低金利時代のいま、終身保険のような貯蓄性のある保険にはメリットが少ない。逆に言えば、いまよりもずっと金利が高かった時代の保険は、手放してはいけない「お宝保険」ということになる。

「いまから20年以上前の1996年3月までに契約した終身保険の予定利率は3.75%もありました。現在の予定利率が0.25%程度なので、15倍ほど開きがある。これは大切にとっておいてほしい」(生命保険会社勤務の経験を持つファイナンシャルプランナーの横川由理さん)

 ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんもつけ加える。

「バブル期の1985年4月1日~1990年頃までは、利回り6%といまでは考えられないような高い利率のものもありました。バブル崩壊後、予定利率は段階的に引き下げられましたが、それでも1999年3月までのものなら2.75%ほどの利率です。

 こうした『お宝保険』は、裏を返せば保険会社にとっては“困る商品”ということなので、あの手この手で解約させようとしてきます。“コロナ後”に営業員が見直しをすすめに来たとしても、『わざわざ家まで来てくれたんだから』などと流されないで、しっかり守ってください」

※女性セブン2020年5月21・28日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。