マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

68歳男性、大腸がんと診断されてもがん保険がおりなかったワケ

2020年3月4日 16:00

がんになってもがん保険が適用されないこともある?(イメージ)
がんになってもがん保険が適用されないこともある?(イメージ)

 日本人の2人に1人がかかるといわれ、死因としては最も多い「がん」。その治療には多額の費用がかかることもあるからこそ、“もしも”に備えて「がん保険」に加入している人は少なくない。だが、いざという時に、その備えが全く役に立たないことがある。なぜか。体験者たちの悲痛な声から読み解いていく。

医療保険の相談件数は年間1000件

 がん保険を含めた医療保険の契約件数は3677万件にのぼり、生命保険文化センター(18年)によると、がん保険や、がん特約の加入率は全世帯の6割を超える。

 だが、実際にはがん保険に入っていたのに給付金などが支払われず、コツコツ支払ってきた保険料がムダになる場合も珍しくない。

 国民生活センターによるとがん保険を含む医療保険の相談件数は例年1000件近くにものぼる。そこには一体、どんな「落とし穴」があるのか。具体的に見ていく。

「適用されないタイプのがん」がある

 都内在住の68歳男性、Aさんのケース。がんと診断されると一時金200万円、入院日額1万円が給付されるがん保険に20年以上前に加入。毎月の保険料は1万円弱と高額だが、万が一に備えて、定年後も加入し続け、支払ってきた保険料の総額は240万円近くになる。

 昨年、Aさんは「大腸がん」と診断された。医師には「早期なので、手術で取り除くことができれば心配ありません」と言われ、妻とは「がん保険に入っているから治療費の心配もいらないね」と話していた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。