マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

本当に「がん保険」に入るべき? がん罹患率と医療費の誤解

2018年11月11日 7:00 女性セブン

 生命保険に支払う保険料は世帯平均で年38万2000円。1か月分の給料がまるまる飛んでいくほど高額で、“保険貧乏”に陥る家庭も少なくない。近年は「生きている間のリスク」に備えるものとして「医療・がん保険」の新規契約数が増加しているが、はたしてどこまで必要なのか。

2人に1人ががんに罹るのは80才以降から

 がん保険のCMでよく耳にするのが「日本人の2人に1人はがんになる」という言葉。間違いではないが、50才以下の人ががんになる確率は極めて低い。

 女性の場合、50才までにがんと診断される確率はわずか5%。60才までなら11%で、80才まででも29%程度にとどまる。男性の場合も、50才までのがん罹患率はたったの2%。60才までの場合も8%で、80才を超えてようやく2人に1人の5割に達する。

 後期高齢者(75才以上)になれば治療費は1割負担となり、さらに安くなるはずだ。50代までにがん保険に入る必要がどれだけあるだろうか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。