マネー

本当に「がん保険」に入るべき? がん罹患率と医療費の誤解

 また、がん治療の医療費についても誤解が多い。ある大手生保ががん未経験者を対象に実施した調査によると、がん治療全体にかかる費用の予想について、半数以上が「300万円程度」または「300万円以上」と回答した。

 しかし、実際にがん治療を経験した人に費用を聞くと、約7割が「50万円程度」または「100万円程度」と答えた。つまり、がんだからといって、治療費に300万円などという大金は不要で、「医療保険に入らないと払えない」ということはないのだ。

がん患者の平均入院日数の推移

 治療費が高額な「先進医療」への特約は、入っておくべきと思うだろう。しかし、これもまた注意が必要だ。保険に関する多数の著書がある保険アドバイザーの後田亨さんは、こう話す。

「そもそも先進医療というのは“実験医療”とほぼ同義です。『この病気が治る』という効果が証明されていないから、健康保険の対象になっていないだけ。効果があるかもわからない治療に数百万円も払う必要があるでしょうか」

 しかも、先進医療を実際に利用しているのはほんのわずかだ。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘さんが語る。

「がん患者は1年間に100万人ほどいますが、先進医療を受ける人はそのうちの0.2%ほど。治療を受けられる施設も日本には非常に少なく、ほとんどの患者は保険適用の標準医療を受けています」

 先進医療特約の保険料は100円程度と安価ではあるが、先進医療特約目当ての加入が果たしてよい選択か、考えた方がいい。

※女性セブン2018年11月15日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。