マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナで東京を襲う「ワーキングプア」問題 大都市ゆえの打撃

2020年6月27日 7:00

東京のダメージが特に大きいのはなぜか(イメージ)
東京のダメージが特に大きいのはなぜか(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、いくら働いても稼げない「ワーキングプア」が激増しているという。コールセンターで働く40代女性が明かす。

「ショップが臨時休業している間、電話が鳴りっぱなしでした。業務量は激増したものの出勤する人が減り、食事する時間もない。それなのにお給料は変わらない。狭い部屋で大人数が集まり、マイクに向かってしゃべる仕事なので、“もし1人でも感染者が出たら”と怖くて仕方ありませんでした」

 だが、彼女は仕事があるだけ、まだいいのかもしれない。NPO法人「ほっとプラス」理事で社会福祉士の藤田孝典さんは、こんな現実があると述べる。

「アーティストや劇団員、俳優、音楽家、お笑い芸人、テーマパークのキャストなど、都会でしか成り立たない仕事は多い。皆さん一様に仕事にあぶれています。特に、私たちのもとには、水商売や風俗業に従事する人からの相談が多く寄せられています。

 いまは求人自体が大きく減った。企業側も先行きが見通せず、採用を控えている現状があるのでしょう。アーティストなどの業種の間では、これを機に引退しようという人が増えています」

 働き方評論家で千葉商科大学准教授の常見陽平さんは「東京が特にダメージが大きい」として、こんな話をする。

「レストランでもショップでも、これまでは利用客であふれ、賑わっているお店に人気があった。しかし皮肉なことに、今後そういう店は“3密で危険”ということになる。サービス業は都市部に集中するものなので、東京の打撃は計り知れません」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。