マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高額療養費制度 入院「月またぎ」は損するのでひと月以内に

2016年7月9日 7:00

入院の「月またぎ」に要注意

入院の「月またぎ」に要注意

 入院や通院の費用がかさんだ時、頼りになるのが「高額療養費制度」だ。これは、ひと月あたりの医療費が高額になった際、自己負担額の上限を超えて支払った医療費を患者に支給する制度だ。国民健康保険や健康保険組合や共済組合など、公的医療保険に加入して、日本に居住していれば、支給申請書を提出、または郵送することで誰でも利用できる。

 自己負担の上限は年齢や所得などで異なるが、70歳未満で年収約370万~約770万円の世帯の場合、自己負担の月額が約8万100円を超えると、それを超えた医療費が支給される(※注)。

【※注/正確には自己負担が8万100円を超えた場合、「8万100円+(かかった医療費-26万7000円)×1%」を超えた医療費が支給されることになる】

 日本医療事務協会の藤野京子氏が解説する。

「原則として患者が治療費を全額立て替え払いしたのち、加入する健康保険組合などに申請して払い戻す仕組みです。申請の期限は2年間です。申請から支給までは少なくとも3か月程度かかりますが、事前に健康保険組合などに『限度額適用認定証』を申請して認定証を受け取っていれば、医療機関の窓口での支払い時に上限額を支払うだけで済みます」

  • 円高? 円安? 先行き不透明な今の円相場で短期的に利益を狙う方法
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。