マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

医者への「心付け」は必要? 渡す方にも受け取る方にもリスクあり

2020年9月11日 15:00

医者に「心付け」を渡すとよい治療を受けられるって本当?(イラスト/河南好美)

 かかり方次第で医療費は大きく変わる。あなたはムダな病院代や薬代を払っていないだろうか。『週刊ポストGOLD 得する医療費』より、医者への“心付け”が診療に影響するのかを解説する。

 病院にかかるとき、医者に「心付け」を渡したほうが心証が良くなる──そんな考えを抱きがちだ。しかし、消化器外科医で『医者と病院をうまく使い倒す34の心得』などの著書がある山本健人氏は「心付けを頂いても医療の質は変わりません」と話す。

 山本氏によれば、1万~5万円程度のお金を医者に渡そうとする患者は少なからずいるという。

「特に中高年の方で、心付けを用意されるケースは現在でもあります。ですが、今ではお断わりしている病院も多いです」

 ひと昔前は頻繁に見られた光景だというが、そもそもなぜ心付けの習慣が広まったのか。山本氏はこう解説する。

「昔は診察での医者の主観が大きく、“権威のある先生の心証を良くして、良い治療をしてもらおう”といった考えがあったのかもしれません。ですが、今はエビデンス・ベースド・メディシン(根拠に基づく医療)という考え方が一般的で、診療ガイドラインに基づき“等しく患者さんに最善の医療を提供する”という習慣があります」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。