マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

遺族厚生年金ほか故人の年金を遺族がもらうための「条件と手続き」

2020年10月1日 15:00

夫が死んだ後にもらえる年金額を試算(イラスト/河南好美)
夫が死んだ後にもらえる年金額を試算(イラスト/河南好美)

 今年6月に年金制度改正法が公布され、パート労働者からの保険料徴収が強化されるなど、年金を取り巻く環境は年々厳しくなっている。

「今後、もらえる年金が減っていくのは確実でしょう。だからこそ、年金世代の身内が亡くなった際には、遺族がもらえるものをしっかりともらっておくことが重要です」

 そう指摘するのは、社会保険労務士の星川秀幸氏。とりわけ確認したいのが「遺族年金」だ。

 一般的な定年後世代の夫婦を想定すると、元会社員の夫が基礎年金(1階部分)と厚生年金の報酬比例部分(2階部分)を受給し、専業主婦の妻は1階部分のみ。家計を支える夫が亡くなると、年金収入は妻の1階部分(満額で年約78万円)だけとなってしまう。

「こうしたケースで残された妻が受け取れるのが遺族厚生年金です」(前出・星川氏)

 この年金を受け取るには、保険料の納付済み期間が25年以上必要になる。ファイナンシャルプランナーの伊達寿和氏が解説する。

「2016年の法改正で、保険料を払った期間が国民年金と厚生年金を合わせて通年10年以上あれば、本人は厚生年金をもらえるようになりました。しかし、遺族厚生年金は改正前の25年以上の要件のままで、亡くなった夫が10年ほど保険料を払っているだけでは、遺族厚生年金を受け取れません。夫の保険料支払い期間は必ず確認しておきたい」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。