マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

故人が払い過ぎていた所得税・相続税を取り戻す方法と手続き

2020年10月7日 15:00

払い過ぎた相続税を取り戻す「更正請求書」の申請のポイント
払い過ぎた相続税を取り戻す「更正請求書」の申請のポイント

 一家の大黒柱が亡くなれば、経済的な心配が生じるが、遺族が申請すれば払い過ぎたお金を取り戻すこともできる。

 たとえば、故人が所得税を払い過ぎていた場合は、準確定申告をすることで取り戻せる可能性がある。税理士の相原仲一郎氏が解説する。

「準確定申告は、故人に代わって相続人が確定申告をする制度。亡くなった年の1月1日から亡くなった日までに発生した所得を死後4か月以内に申告します。

 事業所得や不動産所得があったり、給与所得や雑所得が源泉徴収されていた場合や、故人が亡くなる前に払った医療費などがある場合、払い過ぎた税金が還付される可能性があります。なお、還付金は相続財産に組み込まれます」

 手続きは通常の確定申告とほぼ同じで、所轄の税務署で行なう。

 また、故人の死亡で発生する税金のうち、過払いが多いのが相続税だ。

「納税者本人や税理士のミスが原因で過払いになることが多い。中でも目立つのが不動産の評価ミス。本来の価格より高く評価したために相続税が増えるケースが多く、相続した相続財産にかかる税額の計算明細書などから、後に税理士などの専門家が評価ミスを発見して指摘してくれることがあるのです」(前出・相原氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。