マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

特撮本を作るのに権利者が「印税半分」を請求 安くすることは可能か

2020年10月17日 11:00

高すぎる著作権料の請求にどう対応する?
高すぎる著作権料の請求にどう対応する?

 著作権はどんな著作物にも必ず発生する権利であると明確に規定されているが、その著作権利用料に関してはケースバイケース。とても曖昧で、ときには予想外の費用が発生することも……。そんな著作権に関して、弁護士の竹下正己氏がある事例をもとに解説する。

【相談】
 出版の編集プロダクションを始めました。ある特撮ヒーローの本を作りたいと企画したのですが、権利を所有している会社から「印税は半分もらいます」と通達。それがキャラクター商売だといわれればそれまでなのですが、半分はもっていきすぎだと思います。法的に印税を低く抑えることはできませんか。

【回答】
 特撮ヒーローが漫画や劇画からスタートしたヒーローであれば、それを表現した図柄などは漫画等の著作権の対象になっている可能性があります。テレビや映画で生まれたヒーローなら、制作会社が制作に携わった人の権利を処理して著作権を持っています。

 さらに特撮ヒーローが大人気となり、ヒーローを模した人形やグッズが売れ出すと、特撮ヒーローの顧客吸引力が貴重な財産になります。俳優には名前や肖像について吸引力を利用できる権利としてパブリシティ権が発生します。

 そのため権利を持っているという会社は、著作権を持っていたり、俳優からパブリシティ権の管理を受託していると思います。また、特撮ヒーロー名で商標登録をしている可能性もあります。

 権利者の承諾を得ないで出版すると著作権侵害、グッズを販売すると不正競争防止法などに違反する恐れがあります。承諾の対価として印税をいくら要求するかは権利者の自由であり、文句はいえません。高いと思って無断で出版すると、損害賠償の義務が生じます。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。