マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

事故で通院中の専業主婦の「休業損害」は認められるか? 弁護士が解説

2020年12月5日 11:00

加害者側の保険会社から「休業補償は支払えない」と言われたが…(イラスト/大野文彰)
加害者側の保険会社から「休業補償は支払えない」と言われたが…(イラスト/大野文彰)

 主婦の家事労働は本当に大変な仕事だ。そして、誰であろうと、交通事故などの不測の事態に見舞われることはある。会社員であれば「休業損害」が認められるが、主婦の場合はどうなのだろうか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 2か月ほど前に、車で信号待ちをしていたら、後ろから追突されました。むち打ちや打撲がひどく、事故から10日間ほどはほとんど家事もできませんでした。その後はだいぶ回復しましたが、いまも通院中です。 今回の事故は全面的に相手に非がありますが、加害者側の保険会社から「専業主婦は収入がないので休業損害は支払えない」と言われました。専業主婦の場合、休業損害をもらうことができないのは本当でしょうか。(神奈川県、45才・主婦)

【回答】
 結論から言えば、専業主婦であることを理由に休業損害が認められないということはありません。

 交通事故に限らず、受傷による財産的な損害には治療費のように持ち出しになる損害(積極損害)のほかに、入るべき財産的収入が入らないことによる消極損害があります。休業損害はこの消極損害に含まれます。

 専業主婦の行う家事労働は、収入にはなりませんが、他人に頼めば当然お金がかかることです。半世紀以上前に最高裁が、家事労働は金銭的に評価することができると判断し、さらに交通事故により主婦が家事労働に従事できなかった期間について、財産上の損害を被ったことになると判断しています。現在、交通事故による損害賠償の実務では、専業主婦であっても休業損害を認めるのが当然の扱いとされています。

 専業主婦の休業損害の額の計算には、弁護士会の交通事故相談センターが公開し、広く利用されている算定基準が参考になります。そこでは、賃金センサス(賃金の統計資料)中の女性労働者の平均賃金を基礎にして、家事労働に従事できなかった期間の休業損害を計算することが提案されています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。