マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

店の外観を撮影したら店員に注意された… 勝手に撮ってはダメなのか?

2020年12月20日 11:00 週刊ポスト

 その他、高度で芸術的な要素がある建物は著作権法で保護される著作物に該当する場合があります。しかし、保護されるのは著作者であり、建物所有者ではありません。著作者とは建築に、創作的にかかわった建築家や建設会社です。

 仮に店主が著作権を譲り受け、著作権者になっているとしても、建築物の著作権は建物をそっくりマネた建物を作ったり、設計図から、その建物を建築したりすることを複製権の侵害として禁じているだけで、建物の写真撮影が著作権の侵害になることはありません。

 以上のとおり、店の外観を一般の人が写真撮影する場合、写真を撮る位置が店の敷地であればともかく、公道から撮影することを制止することはできないのです。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2020年12月18日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。