マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

支払う気もないのにオークションで落札…、罪に問われる可能性は?

2020年12月8日 15:00

遊び半分で競りに参加してしまうと法的に罰せられる可能性も(イメージ)
遊び半分で競りに参加してしまうと法的に罰せられる可能性も(イメージ)

 多くの人が手軽に利用するようになったネットオークション。しかし、落札したにも関わらず支払いをしないというケースもあるという。もしも、最初から支払う気がなく競りに参加した人が落札した場合、法的にはどういった扱いとなるのだろうか。弁護士の竹下正己氏が実際の相談に答えるかたちで解説する。

【相談】
 将棋の藤井聡太二冠の“封じ手”がチャリティーオークションに出品され、1500万円で落札。競り落とした人物が期日までに支払わないと無効になり、オークション金額に変動があるようですが、もし、購入する気がない人が参加し、高額で落札したのに、お金を払わなかったら、その人は罰せられるのですか。

【回答】
 オークションで、最高価で落としながら、代金を払うつもりがなかったのであれば、出品者やオークション業者を騙したことになりますが、遊びで参加しただけでは金銭など財産上の利益が目的ではないため、実際に経済利益を得ることはありえないこともあり、詐欺罪にはなりません。

 刑法では、公的な競売や入札の公正を害する行為は3年以下の懲役、または250万円以下の罰金で処罰されます。一方、民間人のオークションは公的な競売ではないので、刑事罰もありません。

 しかし、オークション業者は出品物の紹介をし、広く買い手を募り、競り売りでは最高価を誘導するよう購入希望者を競わせる役割も果たします。業者は公正な競り売りができるように準備し、運営する義務を出品者や競り参加者に負っています。ネットではなく、リアルなオークションだと会場を設営する費用も掛かります。最高価で買い受けた人物が代金を支払わず、オークションをやり直せば費用が掛かります。オークション業者にとっては大変な迷惑です。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。