マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

メルカリとヤフオク、低価格の罠「ポチって損した…」

2018年2月27日 16:00 マネーポストWEB

買う前にもう一度確認を!
買う前にもう一度確認を!

 家にある不要品を売ってお小遣いを稼げるとしてフリマアプリの「メルカリ」や「ヤフオク!」を利用する人が増えている。必要なものも市価より安く買えるから、何かを購入する際にはまずメルカリとヤフオクをチェックしてみるという人も多いだろう。両方を確認して、安いほうを買う──消費者としては“賢い”手法だが、それで悔しい思いをした人がいる。首都圏在住の40代女性・Aさんが語る。

「私は、家族が遊びに行くときの遊園地のチケットや日用品をいつもメルカリやヤフオクを比較して安いほうで買っています。定期的に買っているのが浄水器のカートリッジ。最近、メルカリでは8個セットで3400円くらい、ヤフオクでは3200円くらいでオークション終了直前だったのでヤフオクですかさず購入しました。だいたい今までの相場と同じだったので、反射的に購入したんです。

 そうしたら、送料が980円で、合計4200円くらいになってしまって……。メルカリは送料無料だったし、ヤフオクでもこの値段だといつも送料込みだったので、てっきり今回も送料込みだろうと思い込んで、先走ってポチって損しました」

 話はそれだけでは終わらなかった。Aさんが続ける。

「届いた商品が、Amazonからだったのです。調べると、出品者が私へのギフトとしてその商品を買っていたのです。Amazonでの価格は送料込みで2700円くらいでした。“失敗の買い物”でした」

 このケースでは、出品者が送料の980円を“丸儲け”したかたちになる。Aさんが送料を確認し忘れたうえに、Amazonでの価格を調べていなかったという“残念な話”だが、問題はそれにはとどまらない。本来、出品者が、在庫が手元にない状態で出品することは禁止行為とされているからだ。また、実費以上の送料を請求することも禁止されている。

 だが実際には、そうした出品があることも事実だ。また、商品が小さくて普通郵便で送れるのに送料が「全国一律○○円」などと記載されている場合もある。これも実費以上請求されている可能性があるので、注意すべきだろう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。