マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナ専用保険 保険料月510円、1泊以上の入院で10万円の給付も

2021年1月7日 15:00 女性セブン

コロナ専用保険はどんな人に向いている?(イメージ)
コロナ専用保険はどんな人に向いている?(イメージ)

 新型コロナウイルスの感染拡大で「コロナ専用保険」が注目を浴びている。コロナは指定感染症のため、医療費などは公費負担だが、備えておいて損はない。いったいどんな人が向いているのだろうか。ファイナンシャルプランナーの横川由理さんが話す。

「入院に関する費用はほぼすべての傷害保険で保険金がおりるはずです。しかし、傷害保険は掛け捨てが基本なので、入院しなければ無駄になる。コロナの罹患リスクが高い職業や環境(感染拡大地、対面業務など)にいる人や、重症化が不安な人は、コロナに特化した、保険料の安いものに入っておくのも手です」

 コロナにも対応している生命保険は、現在、ジャストインケースの「コロナ助け合い保険」と太陽生命の「感染症プラス入院一時金保険」の2つ。前者の「コロナ助け合い保険」の保険料は月々510円から、コロナ以外のけがや病気でも1泊以上の入院で10万円の給付金が受け取れる。後者は、リリースからわずか2週間で1万人以上が加入した。

「症状がなければ加入でき、申込日から保障されるので、旅行や出張の当日に加入して、帰ってきたら解約するなどの使い方もできます。また、従業員50人未満の企業(または個人事業)の役員と従業員対象に1年間無償提供するプロジェクトを行っています。加入者数には上限がありますが、1月中旬頃までなら間に合うはず」(ジャストインケース代表の畑加寿也さん)

※女性セブン2021年1月21日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。