マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

宝くじの当せん者 10万円以上は2分に1人誕生、億万長者は年間283人に

2021年1月25日 7:00

昨年度だけで10万円以上の当せん本数は32万本以上に(イメージ)
昨年度だけで10万円以上の当せん本数は32万本以上に(イメージ)

「毎日のように宝くじの抽せんが行われているけど、いったいどれくらいの人数が当たっているのだろうか?」と思う人もいるだろう。全国自治宝くじ事務協議会の発表によると、10万円以上の高額当せんの本数は、昨年度(2019年4月1日~2020年3月31日)だけで、ジャンボ宝くじなどが約24万本、数字選択式宝くじが約8万本、合わせて32万3634本も出ている。

 これを金額別に見ていくと、10万円以上は2分に1人、100万円以上は約30分に1人、1000万円以上は6時間に1人のペースで誕生している計算になる。そして、1億円以上を当てた人は、この1年間で実に283人にも上る。

 ただ、この数字はあくまでも「当せん本数」で、実際に誕生した億万長者の人数とは異なる可能性がある。例えば、10人のグループでお金を出し合って買った年末ジャンボ宝くじが10億円に当せんし、それを均等に分けたとする。この場合、1億円以上の当せん本数は1本とカウントされるが、億万長者は10人誕生することになるからだ。

 ジャンボ宝くじやロトのように1等が数億円にもなる場合、換金する際に「共同購入しました」と言えば、参加者全員が億万長者になれるうえに、当せん金も非課税で受け取ることができる。

 2月3日からは、1等・前後賞合わせて3億円の「バレンタインジャンボ宝くじ」が発売される(3月5日まで)。今年もまた新たな億万長者が誕生するが、あなたもその仲間入りを果たすことはできるか?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。