マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

年末年始のホールにも活気なく… パチンコ業界が陥る泥沼の悪循環

2021年1月8日 19:00

窮地に立たされているパチンコ業界(イメージ)
窮地に立たされているパチンコ業界(イメージ)

 新型コロナウイルスの第3波を受けて、1月7日に1都3県に再び緊急事態宣言が発出されたが、前回、2020年4月から5月にかけて緊急事態宣言が出された時、世間から大きな注目を集めたのが「パチンコ店」だった。

 当時は“不要不急”の象徴として、全国の多くのパチンコ店が1か月にわたって休業することとなったが、一方で営業を継続する店舗もあり、パチンコ店そのものが槍玉に挙げられた。その後、多くのパチンコ店が営業を再開したもの、客足はかなり減っているという。パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏はこう話す。

「店舗によって、コロナの影響に差はありますが、業界全体では1割から2割ほどユーザーが減っていると言われています。実際、コロナの影響で閉店に追い込まれるホールも多く、パチンコ業界全体がかなりのダメージを受けているのは事実です」

 また、今年は射幸性が高い旧規則機の撤去も進み、それによってユーザーが減ったという側面もある。

「特にパチスロでは、2019年末に『バジリスク 甲賀忍法帖 絆』、『アナザーゴッドハーデス 奪われたZEUSver.』といった人気機種、さらに2020年11月に『ミリオンゴッド ?神々の凱旋?』が撤去されました。出玉爆発力の高い人気機種がホールから姿を消したことで、パチスロから“足を洗った”ユーザーも少なからずいるようです。コロナ以上に、こちらの影響が大きいという見方もあります」(藤井氏)

活気のない年末年始のホール

 明るい話題がほとんどないパチンコ業界だが、この年末年始のホールはどんな様子だったのだろうか。

「相変わらず客付きがいい店もあるんですが、それはごく一部のみ。多くのホールは、例年の年末年始に比べると客も少なく、活気はありませんでした」(藤井氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。