マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ後のパチンコファン 完全にやめる人、打つ頻度が増えた人

2020年7月13日 16:00

各ホール、感染予防にはかなり気をつかっている(時事通信フォト)
各ホール、感染予防にはかなり気をつかっている(時事通信フォト)

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言後、ニュースで大きく取り上げられる機会が多かったパチンコ店。地方自治体からの休業要請に応じないホールの店舗名を自治体が公表するという事態にも発展した。

 しかし、緊急事態宣言が解除されると、パチンコ店に関するニュースも減少。各店舗が感染対策を実施したうえで、営業を再開している。現状について、パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が、こう話す。

「ほとんどのホールは、来場者にマスクの着用を義務付けたり、手袋を無料で提供したりする形で感染予防に取り組んでいます。台と台との間に仕切板を新たに設置するホールや、1台おきに電源を落として客同士の距離を保つホールもあります。台のアルコール消毒も頻繁に実施し、消毒が終わった台に“消毒済み”の札をさげるというホールも多い。各ホール、感染予防にかなり気をつかっている印象です」

 客入りはどうなのだろうか。

「コロナ前と比較すると、全体的にお客さんは減っています。特に小規模ホールについては、常にガラガラというケースも珍しくない。そもそも、ここ数年のパチンコ業界は、小規模ホールが苦戦を強いられて、大規模なチェーン店に客が集まりやすいという傾向がある。コロナ後は、その傾向が強まっている印象です」(藤井氏)

 では、パチンコ・パチンコファンたちは緊急事態宣言解除後、どうしているのだろうか。パチンコファンの生の声を聞いてみた。

コロナ休業で完全に足を洗った

 神奈川県に住む会社員・Aさん(20代男性)は、学生時代からのパチスロファン。主に週末にパチスロを打っていたという。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、その生活は変化した。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。