マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナ後のパチンコファン 完全にやめる人、打つ頻度が増えた人

2020年7月13日 16:00

「台と台の間に仕切板ができたことで、周囲があまり気にならなくなって、快適なんです。それに私はタバコを吸わないので、4月からホールが全面禁煙化したことも好都合。感染リスクについては、店員さんに頼めば台の消毒もしてくれるし、店内の換気も頻繁にやっている。少なくともコロナ前よりは清潔な気がします。あと、お客さんが以前よりやや少なめなのも、快適な理由のひとつです。ちなみに、勝率は緊急事態宣言の前も後もあんまり変わらない。少なくとも、“コロナ後は勝てるようになった!”なんていうことは、まったくないです(笑)」(Dさん)

 今後のパチンコ業界の動向について、前出・藤井氏はこう予測する。

「コロナの影響で倒産する店舗も多いし、新台導入数も落ち込んでいます。ユーザーもどんどん減っていくだろうし、いずれにしろ厳しい状況が続くでしょう。そんななかで、遊技機に関する規則が変わり、今までよりもユーザーに支持されやすい機種が出てくる可能性も高くなっています。

 特にパチスロでは、6.1号機と呼ばれる機種が近々登場する予定です。この6.1号機では、1000円あたりの回転数を既存の6号機よりも5~10ゲームほど少なくすることが可能になっています。その分、使うお金は増えるかもしれませんが、回転数が減った分を出玉にもってくることができる。つまり、6号機よりも多少は出玉の波が荒い機種が可能となり、より大きく勝てるかもしれないということになります。もちろん5号機時代のような機種が可能となるわけではないものの、“6号機よりはマシ”になるのではないかと期待の声も多いです」

 新型コロナウイルスをきっかけに、パチンコ・パチスロとの向き合い方が変化するユーザーも多い。パチンコ業界もまた、その変化に対応すべく、様々な変化が起きそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。