マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「Fラン大学に入った優秀な学生」が愕然とした同級生のレベルと実態

2020年9月18日 15:00

Fラン大学の学生たちの間ではどんな会話がなされているのか?(イメージ)
Fラン大学の学生たちの間ではどんな会話がなされているのか?(イメージ)

 受験偏差値の低い、いわゆる「Fラン大学」と呼ばれる大学に優秀な学生が進学したら、どんな学生生活が待っているのか? 関西在住のTさんは、学業成績は優秀ながら、家庭の事情もあって地元のFラン大に進んだが、学校側のサポートと本人の努力の甲斐もあり、見事に公務員試験に合格。来春から、地元ではエリートとされる公務員になることが決まり、両親は涙を流して喜んだ。しかしTさんは、もともと県内屈指の進学校に通っていて、そこでも上位クラスの成績を収めていた優等生。大学の同級生とはとことん波長が合わなかったという。

「高校の同級生から大学生活の話を聞くと、レベルの差を痛感させられることは多かったです。高校の友達やその同級生は、海外留学を視野に入れていたり、司法試験などの難関資格取得を目指したりしているのに、私の大学の同級生からそんな話は聞いたことがありません。英語の授業のレベルを考えると、ウチの学生では英検2級も厳しいでしょう。

 各々が書いたレポートをクラス全員で読み合う授業がありましたが、“てにをは”がメチャクチャだったり、誤字脱字が酷かったり、文末が『……と思います』ばっかりだったり、国語力は大学生のレベルではなかったですね。本を読んでる学生は見たことがなく、私が文庫本を読んでいたら変わり者扱いされました」(Tさん。「」内以下同)

「それな」「ヤバい」だらけの会話

 英語の授業では、「cat=猫」が訳せなかった学生がいたというから驚きだ。学内には、クイズ番組で珍回答を連発するおバカタレントになれそうな“逸材”がゴロゴロといたという。

「一般常識のレベルもヒドい学生だらけです。出身地の話になった時に仙台を知らなかった人、首相と総理大臣は別ものだと思っていた人、アメリカの首都はニューヨークだと言い張る人……、小学生レベルの漢字が読めないのは日常茶飯事です。

 語彙がとにかく少ないのも特徴です。片時もスマホから目を離さず、何を言っても『それな(≒そのとおり、そうだよね)』と『それマ?(=それマジ?の略)』という答えしか返ってこない女子。会話の99%を『ヤバい』『うざい』『面倒くせ』『あざっす(=ありがとうございます)』『知らね』で片付ける男子、根本的にコミュニケーションが成立しない人もいました」

 ボキャブラリーに関しては、「若者なんてそんなもの」という声もあろうが、日本で20歳前後まで生きてきて仙台を知らないのは、たしかに“ヤバい”。それ以外にもエピソードは山のようにある。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。