マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

パソコンの電気代はいくらかかる? 使用時間や種類によって大きな差

2021年3月10日 15:00

デスクトップ型パソコンとノートパソコンの違いで電気代にも差が出る
デスクトップ型パソコンとノートパソコンの違いで電気代にも差が出る

 新型コロナウイルスの感染拡大で、テレワークを導入する企業が急増している。通勤時間や交通費を節約できる一方で、電気代は自己負担となるのがほとんどだ。「テレワークが主体となり、さまざまな家電や機器の電気代が気になるようになった」と話すのは、広報コンサルタント会社「iPR」代表の奥川浩彦さん。

「仕事仲間には1か月の電気代が数千円上がり、最高で2万円を超えた人もいた。自分の家も上がっていたので、電気代を調べてみたのです」(奥川さん・以下同)

 その結果わかったことは奥川さんの想像を超える事実だった。

「電力測定器を使い測定したところ、電子レンジを500Wで使用すると、消費電力が1000W近くになっていました。うっかり同時に別の家電を使うと、30アンペアで契約している家庭ではブレーカーが落ち、電気が使えなくなる可能性もあります。アンペアを上げると料金も300円ほど上がりますが、電子レンジを使うたびにブレーカーが落ちるのをストレスに感じる場合は、契約ブレーカーの変更を検討してみてください」

 家で使う頻度が増えたパソコンの場合はどうだろうか。

「テレワークに欠かせないパソコンの場合は、使用時間や種類によって電気代に差があることが判明しました。うちはデスクトップパソコンを使っていますが、やや大きめの機種で1時間の電力使用料は1.5円、液晶ディスプレーを加えると2.1円ほどかかります。8時間と12時間で使用時間を比べてみると、1か月で255円の差に。1日4時間電源を切るようにすれば、1年で3060円節約できることがわかりました」

 一方、ノートパソコンの方が、かなり省エネになる。

「1時間で0.38円。1日12時間使用すると1か月で135円になります。デスクトップの場合は、1か月で765円なので、ノートパソコンの方が630円ほど節約に。1年でも1620円と、かなり安めです」

【プロフィール】
奥川浩彦さん/広報コンサルタント会社「iPR」代表。ITライターとしてもさまざまなメディアに寄稿している。

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年3月18日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。