マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ禍の性風俗産業従事者の本音 「感染よりもお金がないほうが不安」

2021年4月6日 19:00 マネーポストWEB

女性従事者100人のアンケート結果、コロナ禍での出勤に不安はないか?
女性従事者100人のアンケート結果、コロナ禍での出勤に不安はないか?

 コロナ経済対策で蚊帳の外に置かれている「見捨てられた業界」は少なくないが、そのひとつが性風俗産業だ。正規の支援策の対象とされないケースが多いが、もともと経済的に困窮している従事者も多いだけに影響は深刻だ。ある推計では30万人の女性が働いているとされる性風俗産業の実態について、『週刊ポスト』(4月5日発売号)では100人の女性従事者へのアンケートで詳しく分析・リポートしている。

 濃厚接触を余儀なくされる業務内容だけに感染リスクは高いが、それでも調査した女性の21%が「コロナ後に働き始めた」と答えており、その仕事を「副業」だと答えた女性の約半数は、「本業」が学生だった。「春の学費納入までにどうしても稼がなければならない」と告白した女子学生は、コロナ禍で勤務する店舗を増やしており、大学のリモート授業も勤務先の待機室で受けていると明かした。

 コロナ第4波が懸念されるなかで、常識的には営業を控えるべきは当然だが、経済的な事情がそれを許さない。彼女たちへの支援が急務であることは論をまたないと同時に、感染防止策も求められる。従業員女性たちはコロナ感染のリスクをどう考えているのか。

「コロナが不安」は約半数にとどまる

 調査では、コロナ禍の出勤が「不安」だと答えたのは55%、「不安ではない」が42%と意見が分かれた(無回答が3%)。実は、この1年で性風俗店でのクラスター発生が大きく報じられたケースはほぼない。キャバクラやホストクラブなど、多人数と長時間接触する、あるいは密着して会話を交わす、飲食するといった業態のほうがリスクが高い可能性もあるが、それは性風俗のリスクが低いことの証明にはならない。従事者たちのなかには、祈るような気持ちでサービスを続けている人も多い。

「お客さんから白い目で見られないか、不謹慎だと言われないか不安。正直、自分がその店の最初の感染者にはなりたくない。お客さんが感染者だったらと考えると不安です」(関東在住・23歳)

 一方で「不安ではない」と答えた女性も、「不安がない」わけではないようだ。

「コロナ感染よりも、お金がないことのほうが不安です。生きるためだから不安になっている場合ではない。コロナよりも性病感染のほうがよっぽど怖い」(関東在住・24歳)

 この女性は毎月、抗体検査を受けているという。アンケートでは「不安ではない」としているものの、コロナ感染リスクを感じていないわけではないのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。