マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

1等・前後賞で7億円のサマージャンボ宝くじ 今年は中間賞金が当たりやすくなった

2021年7月13日 7:00

今年のサマージャンボ宝くじは昨年とどう変わった?(イメージ)
今年のサマージャンボ宝くじは昨年とどう変わった?(イメージ)

 7月13日から「サマージャンボ宝くじ」と「サマージャンボミニ」の発売が始まった(8月13日まで)。全国の宝くじ売り場で、それぞれ1枚300円で発売中だ。

 ジャンボ宝くじは1年に5回発行されるが、「サマージャンボ宝くじ」は1等と前後賞合わせて7億円と、賞金額が高いことから、「年末ジャンボ宝くじ」に次ぐ発行枚数を誇っている。そうしたことから、「サマーと年末だけは欠かさずに買っている」という宝くじファンも少なくないようだ。

 そんな1等賞金の高さも確かに大きな魅力のひとつだが、今年の「サマージャンボ宝くじ」は、中間賞金が当たりやすくなっている点も見逃せない。

 というのも、10年ぶりに末等の等級として7等が復活したのだ。過去3年間の「サマージャンボ宝くじ」は6等までで、4年前は4等までしかなかった。等級が増えるということは、そのまま中間賞金の充実につながる。たとえば、1万円以上の当せん本数が昨年は1ユニット(1000万枚あたり)6134本だったが、今年は約7割増の1万214本と大幅に増えているのだ。

 当たりのチャンスが大きく増えた「サマージャンボ宝くじ」。はたして幸運をつかみとることができるか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。