マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

個人型確定拠出年金 金融機関の手数料、品揃えを徹底比較

2016年9月2日 7:00

 運用本数が最も多いのは49本のSBI証券で、りそな銀行とスルガ銀行の33本が続く。とはいえ、本数は多ければいいというものではない。

 実際、SBI証券では信託報酬で競争力のある商品を後から追加していったために、同じ指数に連動するのに信託報酬が大きく異なるインデックス投信が何本もあって、必ずしも選びやすいとはいえない。

 日本、先進国、新興国それぞれの株式と債券、さらに日本のREIT(不動産投資信託)とグローバルREITと主要な資産クラスがすべて揃っているのは、SBI証券、スルガ銀行、野村証券、楽天証券、りそな銀行だ。

 中でもSBI証券とスルガ銀行は、それぞれの資産クラスにアクティブ投信とインデックス投信がほぼそろっており、バラエティ豊かだ。

◆インデックス型投信でも異なる信託報酬

 インデックス投信の信託報酬を比較してみよう。東証株価指数(TOPIX)に連動する投信では、りそな銀行の0.1944%、日経平均株価なら楽天証券の0.2106%、日本債券ならSBI証券の0.1296%が最安だ。

 先進国株式の値動きに連動する投信では、SBI証券の0.2268%、先進国債券では楽天証券の0.216%が最安となっている。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。