マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「痩せたら着よう」としまっている服 「痩せても結局着ない」30代女性の後悔

2021年7月17日 15:00

クローゼットには「痩せたら着たい服」が眠っているが…(イメージ)
クローゼットには「痩せたら着たい服」が眠っているが…(イメージ)

 いつか痩せたらこの服を着ると思い、タンスの中に大切な洋服をしまっている人も多いかもしれない。あるいは、“この服を着られるようにするのが目標”と、お気に入りの洋服をモチベーションにダイエットに励む人もいるかもしれない。しかし、そうやってサイズが合っていない洋服を持ち続けていた結果、ただただタンスが膨れるだけというケースもよくある。

 都内に住む40代の女性会社員・広瀬さんは、クローゼットに30代の頃の洋服がたくさん入っている。

「30歳くらいから徐々に体重が増え始め、当時から15kgくらい増えてしまいました。あのころは洋服のサイズもSやMだったんですが、いまはLかXLですね。お気に入りの服もたくさんあって、いつかそれらを着られるように、たびたびダイエットにも挑んでいます。でも、正直なところ全然成功しない。ただただ“タンスの肥やし”が増えていくだけです」(広瀬さん)

 サイズが小さくなった服をクローゼットにキープしつつ、いまの体型に合った洋服も買っているという広瀬さん。気づけば部屋には、洋服があふれるようになってしまった。

「クローゼットは基本的に古い洋服でいっぱい、しかも3年以上は着ていないものばかり。リアルタイムで着る洋服は仕舞い込まず、ちょっとした棚の上に畳んでまとめて置いていて、毎日そこから選んで着るような状態です。

 いつかは痩せたいとは思いつつ、もう何年も経っていて、さすがにもうムリなんじゃないかと思い始めています。あと、クローゼットがいっぱいになった頃から、日々の生活もだらしなくなったようにも感じています。そろそろ着られない洋服は捨てるタイミングなんでしょうか……」(広瀬さん)

痩せた後の体型にはフィットしているが…

 一方、実際にダイエットに成功して、過去の服を着ようとしたものの“微妙”だったというケースもある。都内在住の30代の女性会社員・野村さん(仮名)の話だ。

「ちょっと高かった革のジャケットや、お気に入りのスカートなど、“痩せたら着よう”と思ってとっておいた服をいざ着てみたら、なんというかサイズ感がおかしい。たしかに痩せた後の体型にはフィットしているんですが、サイズ感がいまの流行とぜんぜん違うんです。ジャケットはちょっと小さめだし、スカートも中途半端な丈……。

 当時はそういったサイズ感が流行りだったんでしょうが、いまとなってはちょっとキビシイ。もちろん時代に左右されない定番のスーツやYシャツといったものであれば話は別ですが、そうでないものについては、“痩せたら着よう”はあまり意味がないと実感しました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。