マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

定額給付金から1年 10万円を美容整形に使った20代女性が再支給を望むワケ

2021年7月23日 19:00 マネーポストWEB

長期化するコロナ禍でさまざまな悩みが…(イメージ)
長期化するコロナ禍でさまざまな悩みが…(イメージ)

 昨年春には、一律10万円の「特別定額給付金」が全国民に支給されたが、コロナ禍は予想以上に長引いており、一部では給付金の再支給を求める声も上がっているようだ。都内在住のある20代OLも切実に再支給を望む一人。その背景には、昨年の10万円給付金の使い途が影響しているという。いったいどういうことなのか、フリーライターの吉田みく氏が話を聞いた。

 * * *
 ニッセイ基礎研究所が昨年6月に実施したアンケート調査によると、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として支給された特別定額給付金10万円の使い途で一番多かったのは「生活費の補填」(53.7%)だった。次に多かったのは「貯蓄」で、「旅行」や家電などの「買い替え」が続いた。性別ごとでみると男性は「投資」、女性は「ファッション」と答えた人もいた。

 都内在住のIT関連会社勤務、中沢奈々さん(仮名・29歳)は、特別定額給付金を美容整形費用に充てたことがきっかけで、整形の魅力に取りつかれてしまったという。

「約1年前、10万円の特別定額給付金が支給された時、真っ先に美容整形が頭に浮かびました。元々興味はあったものの、金銭的な理由で我慢していたので。しかもコロナ禍で人と会う機会も減っているうえ、マスク生活でダウンタイムも目立ちにくい。やるなら今しかない! と思ったんです」(中沢さん、以下同)

 中沢さんが行った施術は、たるみ改善や小顔効果が期待できるといわれている糸リフト。医師から「持続する期間は約1年」と聞いた。カウンセリングの結果、施術費用も10万円の範囲で済んだそうだ。

「コンプレックスが解消され、自分に自信がつきました。誰かに見せたい、『かわいいね』って褒めてもらいたい……、そんな思いを抱きながらコロナ収束を願いましたが、新規感染者数は減ることはなく……。まさかこんなにコロナが続くと思っていませんでした。気づけば1年、特に誰かに見せることのないまま、リフトアップの効果が薄れ始めてきたんです」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。