マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

「ポンド」「音楽」 EU離脱を機に学ぶイギリスの知識

2016年9月22日 7:00

 ピアニストとしても活動する松井咲子がFX(外国為替証拠金取引)を学ぶこのシリーズ。セントラル短資FX代表取締役・松田邦夫さんを迎えて、FXでお馴染みの通貨が、どのような文化的背景を持っているのかを毎回探っていきます。

 今回取り上げる通貨は、EU(欧州連合)からの離脱を国民投票で決め、全世界を揺るがしたイギリスの『ポンド』。政治的な話題から始まると思いきや、対談は冒頭から予想外の展開に……。

松井咲子とセントラル短資FX代表取締役・松田邦夫氏
松井咲子とセントラル短資FX代表取締役・松田邦夫氏

◆ピーターラビットも英国発

松井:今日は松田さんのイメージとはだいぶ違う、ずいぶんかわいらしいお店ですが、松田さんのセレクションなのですか?

松田:いや、あの、今年はピーターラビットの物語の作者であるビアトリクス・ポターの生誕150周年です。彼女の絵は、日本人がイギリスの田園について持っているイメージとぴったりでいいかな、と「清水の舞台から飛び降りる」気持ちで選びました。

松井:そんな大げさなものでしょうか(笑)。でも、心なしかいつになく緊張しておられるようで。前回インタビューのあと、「次回はイギリスにしましょうか?」とおっしゃっていたので、「ビートルズ来日から50年」といったお話かな、なんて考えていました。松田さんは当時のことをよく覚えておられるのでしょう?

松田:半世紀前に生まれていたことは認めますが、まだ小学生でした(笑)。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。