マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

スイスからロンドンへ大量の金地金空輸 何を意味するか

2016年9月23日 7:00

 金の裏づけがある「SPDR(スパイダー)ゴールド・シェア」は、金現物を業者間取引で用いる400オンス(約12.5キロ)の大型バーの形でロンドンのカストディアン銀行の地下金庫に保管している。

 実は最近、大手精錬所が集積するスイスに、ドバイから大量の金現物が送られている。世界の金現物取引の中心地はロンドンだが、ドバイは主に新興国向けの金現物中継基地としての役割を果たしている。そのドバイに集まった小口の金現物がスイスで業務用大型バーに鋳造され、ロンドンの地下金庫へ移動しているのだ。

 ここで思い出すのが、1年間で米ドル建て金価格が28%値下がりし、NYダウが28%値上がりした2013年である。金を売って株を買う欧米の投資マネーが金市場から抜け、新興国マネーが旺盛な実需の買いを入れた年だ。

 当時は「SPDRゴールド・シェア」からも投資マネーの流出が加速したが、売却されたバーは窓口での販売には向かない。

 小口化するためにロンドンからスイスに大量の金現物が輸出され、そのスイスで500グラム、1キロと小口化された金現物が香港、インド、シンガポールなどへ大量に運ばれていった。まさに今、この2013年に起きた流れと真逆の流れがスイスを介して起こっているのである。

※マネーポスト2016年秋号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。