マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

生前贈与の税制優遇廃止は避けられない 節税目的なら今年中の駆け込み贈与が吉か

2021年9月28日 15:00 女性セブン

「暦年贈与の非課税枠」が利用できなくなる?(イメージ。Getty Images)
「暦年贈与の非課税枠」が利用できなくなる?(イメージ。Getty Images)

 昨年12月、自民・公明両党による税制調査会において「令和3年度税制改正の大綱」が発表された。それは、相続税と贈与税を一体化し、贈与税を実質的に廃止するというものだ。

 贈与税は財産が多く贈与額が大きい人ほど税金も増えるが、「年間110万円までは非課税」「教育資金として1500万円までなら非課税」などの優遇が多いため、相続税対策として贈与するケースは多い。この「贈与」をすべて「相続」とみなし、相続税の対象にするということだ。貧富の格差を解消するべく、お金持ちに有利な税制を見直すためという側面もあるが、「できるだけ多くの国民から税金を巻き上げたい」という考えが見え隠れする。

 教育資金や結婚・子育て資金として子や孫に贈与する人は、単なる節税目的ではなく、“できるだけ多くお金を渡してやりたい”という真心からのはずだ。「格差の是正」を大義名分に、国の税収アップのために、親心さえ踏みにじられなければならなくなるとは。相続実務士で夢相続代表の曽根恵子さんが解説する。

「確かに、もともと裕福な人が非課税枠の中で贈与を進めると、格差はさらに広がるので、格差拡大の歯止めにはなるかもしれません。しかし、生前贈与を利用するのは富裕層に限った話ではなく、すべての国民にかかわります。

 まだ正式な施行時期は決まっていませんが、すでに検討のテーブルには載っている。残念ながら、ここから覆ることはなく、徐々に実現していくでしょう」

 まだまだ終わらないコロナ禍に首相交代、衆議院選挙……表立ったゴタゴタの裏では「金持ち優遇の是正」を掲げて、全国民から税金を巻き上げる算段が動いているのだ。少なくとも、来年1月からの通常国会などで「相続税・贈与税の一体化」が進めば、来年から再来年にかけて、贈与税の廃止は免れないと考えられる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。