マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FX 高金利通貨の「スワップ狙いトレード」のリスク

2016年10月13日 7:00

 カリスマFXトレーダー・羊飼い氏が、外為市場の旬な話題をウォッチする連載「FXトレンドフォーキャスト」。ここでは高金利通貨の「スワップ狙いトレード」のリスクと注意点について、羊飼い氏が解説する。

スワップ狙いトレードのリスクとは

スワップ狙いトレードのリスクとは

 * * *
 政変に伴う為替相場の急変で、FX投資家が損失を被るケースは少なくない。日本時間の7月16日(土)未明、トルコで軍の一部勢力がクーデターを試み、イスタンブールや首都アンカラの主要道路や国営テレビ局を一時占拠する事件が発生した。

 最終的には未遂に終わったものの、このニュースは週末を目前に控えたニューヨーク為替市場を直撃し、トルコの通貨リラはわずか2時間程で36円台半ばから34円台半ばまで急落した。

 その下落率は5%を超えており、米ドル円なら5円以上一気に動いたようなイメージだ。この急激な相場変動で、SNSなどでは「大損失を被った」といった阿鼻叫喚の声が飛び交った。

 トルコの通貨リラは、マイナー通貨ながら投資家には根強い人気がある。理由はなんといってもその金利の高さだ。

 周知の通り、近年のアメリカや欧州など主要国の金利はゼロに近く、かつて流行したような長期保有でコツコツとスワップ金利(※取引する通貨間の金利差を日割り計算で表わしたもの)を受け取る「スワップ狙い」の投資は難しくなっている。

 こうした中でもトルコは7.5%と高い政策金利を維持しており、7%の南アフリカの通貨ランドと並んで「スワップ派」の支持を得ているのだ。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。