マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

FX 高金利通貨の「スワップ狙いトレード」のリスク

2016年10月13日 7:00 マネーポスト(雑誌)

 スワップ金利に着目すれば、両国の水準はかなり魅力的だ。FXならレバレッジをかけられるので、計算上はレバレッジ10倍なら年利70%以上、25倍なら175%以上のスワップ金利を受け取ることになる。

 こうした高いスワップ金利を狙う取引は、「ほったらかしでもOK」というイメージが強いせいか、特に投資初心者に人気がある。

 しかし、現実にはほったらかしで確実に儲け続けられる方法などあるわけがない。今回の騒ぎに巻き込まれたのは主に、FXのリスクを十分に理解しないまま、安易にロングのポジションを積み上げていた投資家だと考えられる。

◆金利のみを享受する「裏ワザ」に潜むリスク

 そもそも、トルコや南アフリカの政策金利が高いことには理由がある。

 いずれも恒常的な経常赤字国であり、インフレ率は高止まりしている。トルコは輸出できるような有力な資源もなく、金利を高く設定しなければ外貨を呼び込むことができない。

 一方、資源国である南アフリカも、資源安などを背景にランドは史上最安値圏にある。

 また、いずれの通貨も取引コストであるスプレッドが主要通貨に比べるとかなり広くなっている点にも注意したい。100円前後のドル円のスプレッドが0.3銭程度であるのに対し、7円台のランド円のスプレッドには片道1銭以上かかるため、その分、コストが高いことがわかる。

「FX」関連記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。